山口県周南市/道の駅・ヤマト運輸と提携/高齢者支援のECサイト開設を視野に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ソレーネ周南での調印式

 山口県周南市は11月17日、(一社)周南ツーリズム協議会、ヤマト運輸と、通販・ネット通販を活用することなどにより、地域活性化を目指す連携協定を締結した。ネット通販などを利用した高齢者の買い物支援なども行っていく考えだ。
 周南市は今年5月、周南ツーリズム協議会が運営する「道の駅・ソレーネ周南」内に、地産の農産品や加工品を出品販売できる場を設置、地域の農工業者の支援を開始した。この取り組みをさらに進め、買い物弱者支援に役立てるため今回の協定を締結したという。
 ヤマト運輸と共同してソレーネ周南で扱う商品の、カタログ通販もしくはネット通販を行っていく予定だ。販売システムの詳細については「現在のところ調整段階」(周南ツーリズム・江本伸二氏)と言う。

(続きは本紙12月4日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ