SAURUS JAPAN/長友選手が資本参画/フェンシング協会会長らも

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

長友選手からもコメントが寄せられた

 健康食品の開発・販売を行うSAURUS JAPAN(サウルスジャパン、本社大阪府、嵜本晃次社長)は1月24日、第三者割当増資を含めた資金調達を実施、第三者割当増資では、プロサッカー選手の長友佑都選手、(公社)日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏、バリュエンスホールディングスの嵜本晋輔社長が資本参画した。長友選手は同社の「サウルスシリーズ」のアンバサダーにも就任。2月15日に都内で開催された記者発表会では映像でコメント寄せた。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

会場では6人のアンバサダーがトレーニングを実践

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ