【第37回 エビデンス】 機能性表示食品の浸透で問われるエビデンスの質

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 「健康食品にはエビデンスが必要」という認識は、もはや一般常識化しているといってよいだろう。健康食品を扱う事業者には、どんなエビデンスを、どんな方法で取得するのかといった、エビデンスの質が問われるようになっている。機能性表示食品の発足・浸透を通して、事業者も消費者団体も、エビデンスの内容を精査する「鑑識眼」を持つようになってきている。一方で各種法令による規制も厳しくなっており、表示に対応するエビデンスを事業者がしっかりと取得しているのかが強く問われるようになっている。あらゆる意味で「子供だまし」のエビデンスは、もはや通用しなくなった。エビデンスを備えた素材を紹介する。

■掲載企業
・アピ
・C-Cフロンティア
・龍泉堂
・光英科学研究所
・協和薬品
・オリジン生化学研究所
・コンビ
・暁酵素産業
・日本ナットウキナーゼ協会
・東洋新薬
・ユニキス
・日本生物・科学研究所
・日本ハム中央研究所
・ニュートリション・アクト
・トヨタマ健康食品
・四谷メディカルクリニック
・ドクターセラム
・日本漢方新薬
・浅井ゲルマニウム研究所
・ホソダSHC

(続きは、「日本流通産業新聞」1月1日 新年特大号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ