【美容・健康ドリンクOEM】 差別化された美容・健康ドリンクをOEM提供/容器の多様化進む、味・機能性・品質も重要

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ドリンク・ゼリータイプの美容・健康食品は、引き続き高い人気を誇っている。ビン、缶、紙パックといった従来から一般的な容器はもちろん、三方シールやパウチなどに入った飲料・ゼリーの人気も高まっている。TパウチやリトルPETといった、新規性の高い容器も、多くの消費者の支持を集めている。容器もさることながら、中身の飲料・ゼリーの味・機能性・品質などが重要であることはいうまでもない。差別化が求められる時代、消費者に真に求められる、差別化された美容・健康ドリンクを開発・製造できるOEM企業を紹介する。

(続きは、「日本流通産業新聞」11月22日号で)

■掲載企業
・アピ
・ミリアグループ
・東洋酵素化学
・機能性食品開発研究所
・国際漢方研究所
・トンボ飲料
・米田兄弟社
・フジスコ
・大和合同製薬
・室町ケミカル
・日興薬品工業
・フジッコ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ