ダスキン、積和建設、大和ハウスリフォーム/アマゾンに出品/通販の集客力に期待

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

左からアマゾンのジャスパー・チャン社長、大和ハウスリフォーム・杉浦純一社長、積水ハウス・阿部俊則社長、ダスキン・山村輝治社長

ダスキンと積和建設、大和ハウスリフォームの3社は6月30日、大手通販サイト「アマゾン」に出品した。リフォームやハウスクリーニングを定額で販売する。高い集客力を持つ「アマゾン」に出品することで、新たな客層を開拓するのが狙い。一部企業は通販で獲得した顧客に訪問販売を行う計画だ。

囲み ダスキンなど 本文
 ダスキンなど3社は、アマゾンジャパンが同日新設した住生活専門ページ「リフォームストア」に出品した。
 ダスキンはエアコンやキッチン、レンジフード、浴室などのクリーニングサービスを販売している。料金は1万5000~2万円程度に設定した。
 「リフォームストア」で受注したハウスクリーニングサービスは、顧客の居住地に近い加盟店に委託する。今後は網戸の張り替えを扱うなど、通販の商品ラインアップを拡充する計画だ。
 ダスキンはこれまで自社サイトでハウスクリーニングの見積もり依頼を受け付けていた。日本を代表する大手通販サイトに出品することで販路を拡大するとともに、ハウスクリーニングを利用したことがない若年層にアプローチする狙いがある。
 「以前からネット通販に興味はあった。価格調整と全国の加盟店に了解を取り付けるため、1年前から出店準備を進めていた」(ダスキン・山村輝治社長)と言う。
 大和ハウスリフォームと積和建設は、キッチンや洗面台、トイレ、ユニットバスなどのリフォームを販売している。工事費を含む販売価格をサイトに明示した。
 現地調査や契約、施工、アフターメンテナンス、顧客管理などの業務は、大和ハウスリフォームや積和建設が担う。
 現地調査の費用は大和ハウスリフォームや積和建設が負担する。現地調査の際に顧客から追加注文を受けた場合、アマゾン経由の受注とは別に契約を結ぶという。
 エンドユーザーの支払先はアマゾンジャパン。アマゾンジャパンは成約金額の一部を手数料として徴収し、残りの金額をダスキンや大和ハウスリフォームなどに支払う。
 大和ハウスリフォームは、通販で獲得した顧客と継続的な関係を構築するため、「顧客に(キャンペーンなどの)ダイレクトメールの送付も計画している」(事業企画部)と言う。
 通販の顧客に定期的にメンテナンス訪問を実施し、住宅に関する困り事をヒヤリングしながらリフォームを提案するなど、訪問販売にもつなげていく計画だ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ