ヘイ/子会社3社を吸収/サイト開設から決済を一本化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

佐藤裕介社長

 インターネットビジネスの企画、開発、運営を手掛けるヘイ(本社東京都、佐藤裕介社長、(電)03―6419―9922)は12月3日、ストアーズ・ドット・ジェーピーをはじめとした子会社3社を吸収合併すると発表した。ECサイト開設から決済、予約まで運営会社を一本化し、各機能の連携を強化する。来年1月1日付。
 統合するのはストアーズ・ドット・ジェーピー、コイニー、クービックの3社。3社はそれぞれ、ネットショップ開設・運営サービス「STORES(ストアーズ)」、キャッシュレス決済「STORES決済」、オンライン予約システム「STORES予約」を手掛けている。
 コロナ禍でオンラインの需要が拡大していることから統合に踏み切る。「STORES」によるネットショップの開設や、オンライン接客・オンラインレッスンの増加に伴う「オンライン予約」の利用が急増した。
 各機能の連携強化のほか、ヘイによる中小事業者向けのデジタル化支援「STORESデジタルストアプラットフォーム」の展開を加速させたい考え。
 事業説明会で佐藤社長は、「(一本化により)お店のデジタル化を全部任せていただけるようにする。すでにサービスを利用している事業者向けにも使い勝手の向上などを打ち出していく」と抱負を語った。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ