PGSホーム/社員の本音をテレビCMに/訪問販売を前面にPR

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

新しいCMの一部

 外壁塗装や太陽光発電を訪販販売するPGSホーム(本社大阪府、池口護社長)は11月6日から新しいテレビCMの放送を開始した。CMには同社の社員が登場し、テーマに沿って社員が本音で話しているところを撮影し制作した。
 撮影は、あらかじめ決められたテーマに則って社員が語る形式を撮った。テーマは「心の扉を開ける編」「わたしたちの誠意編」「情熱編」「お客さまと共に編」の4項目。同社のユーチューブ公式チャンネルには動画を投稿。投稿から1カ月経過したが、再生回数が800回を超える動画もある。
 新CMは、広告代理店の協力のもとで実施したが、ほぼ従業員の手で仕上げたという。「CMを見てもらえば分かるが、住宅リフォームや太陽光発電などを訪問販売する会社、ということをストレートに伝えている」(同社)と言い、「当社は、正々堂々とドアツードアの訪問販売で事業を継続している。そのため、CMも訪問販売の会社だと強調した」と話す。
 テレビCMは、毎日放送(関西エリア)やBS朝日(全国)、テレビ朝日(全国)などで放送し、21年元旦にはTBS(関東エリア)でも放送する予定だ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ