日本エコライフ/ベガルタLIVEを開催/OBが試合を生解説

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「日本エコライフベガルタLIVE」では本社内に特設ブース設け、ベガルタ仙台のOBら3人が試合を解説した

 太陽光発電・オール電化、蓄電池などを販売する日本エコライフ(本社宮城県、佐藤政彦社長)は7月12日、サッカーJ1のベガルタ仙台対横浜FCの試合をベガルタ仙台のOBがライブで解説する「日本エコライフベガルタLIVE」を実施した。本社内に特設ブース設け、ベガルタ仙台のOBら3人が試合を解説した。日本エコライフが同イベントに協賛した。
 ベガルタ仙台OBの平瀬智行氏、菅井直樹氏、田村直也氏の3人が試合をリアルタイムで観戦。その模様をインターネット配信した。
 ベガルタ仙台は初めて、サポーターが試合中にスタンプを購入し、「投げ銭」をする「ギフティング」を実施した。クラブの収益につなげることが狙いだ。試合中24万5000ポイント(10ポイントを約10円で換算)が集まったという。
 同イベントの模様は、地元の放送局でも取り上げられ、知名度アップにつなげた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ