【体験販売の現場】 〈ココロカ〉1日最高450人が来店/商業施設の集客にも大きく影響

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

アドバイザーの中山久未さん

 電位治療器の体験販売を手がけるココロカ(本社東京都、渕脇正勝社長)が愛知・名古屋で展開する、電位治療器の体験販売イベント「ココロカスマイルプラザ」には、1日で300人を超える人が来場しており、出店先の商業施設の集客に役立っている。最大で450人を集客した日もあるとしている。「ココロカスマイルプラザ」の出店先である商業施設の平和堂では、従業員も電位治療器を体験しており、日々の業務のストレスの緩和や、コミュニケーションの活発化にもつながっているようだ。


■20分で治療器を体験

 「ココロカスマイルプラザ」は19年10月から、名古屋市内にある平和堂グリーンプラザ店に出店している。「ココロカスマイルプラザ」では、ココロカが販売する電位・温熱組み合わせ家庭用治療器「リブマックス 1/f(エフブンノイチ)」を使用した20分の体験会を実施している。来場者が治療器の体験をしている間に、ココロカのスタッフが、日々の生活に関する健康のアドバイスを行う。
 出店開始当初から、「プラザ」は平和堂の利用客の間で話題となっているという。「ココロカスマイルプラザ」には、平和堂の開店前の午前9時ごろから行列になることも多い。
 平和堂グリーンプラザ店の藤本憲和店長によると、「ココロカスマイルプラザ」は商業施設のリピーター創出に役立っており、売り上げにも大きく貢献しているという。「『ココロカスマイルプラザ』に来場した方は、笑顔になって帰る方が多い。『プラザはいつまで利用できるのか』と治療器の体験会場の終了時期を気にする声を多く聞いている」(藤本店長)と話している。
 「従業員も休憩時間や仕事終わりなどによく利用している。従業員同士の話題作りにもなっているようだ」(同)とも話している。


■「体調が改善した」の声多く

 電位治療器を体験した人の中には、実際に体調の改善を実感している人も多いようだ。毎日欠かさず「ココロカスマイルプラザ」に通う人もいるという。「ココロカスマイルプラザ」に来場した人の中には、「いつも(会場の)前を通っていて気になっていて利用してみた。一回座っただけで足のむくみが取れた気がする」(70代男性)と言った声が聞かれた。「不眠の悩みがあったが、『ココロカスマイルプラザ』に通うようになったことで、すっきり起きられるようになったと感じている」(50代女性)という声もあった。
 「ココロカスマイルプラザ」のスタッフで、健康のアドバイスを行なっている中山久未さんは「来場者には赤ちゃんを抱っこしたママもいれば、90歳のご老人もいる。仕事終わりに『ココロカスマイルプラザ』に寄ってくれる方もいる」と話す。治療器の購入案内を行っていない期間にも、「注文したい」という要望が多く寄せられているという。
 体験会場では、治療器の販売は基本的に行っていない。数カ月の出店期間の内、最後の1週間のみ、希望者から注文を受け付けるのだという。「商品を押し売りされた」と思われないような、同社の工夫だとしている

連日300人以上が来場

ココロカスマイルプラザが入る、平和堂グリーンプラザ店

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ