えがお/紙芝居セットを寄贈/熊本県内の小学校15校に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

児童たちに紙芝居セットを寄贈する、えがおの北野晶常務

 健康食品の通販事業を手掛ける、えがお(本社熊本県、北野忠男社長)は11月7日、北野社長が理事長を務める一般財団法人えがお健幸財団が、熊本県内の小学校15校に紙芝居セットを寄贈したと発表した。子どもの読書活動推進を目的に2015年から開始しており、今年で5年目となる。
 今年は昨年に引き続き、熊本地震の被害が大きかった県内の小学校13校に加え、特別支援学校2校にも寄贈。寄贈式は10月31日、熊本・菊池郡の大津小学校で行った。 えがおの常務で同財団の評議員を務める北野晶氏が児童へ紙芝居セットを寄贈した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ