日本トリム/TVCM広告展開を開始/企業認知向上、未開拓層アプローチ狙い

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

イメージキャラクターとして起用したモデルのSHIHOさん

職域販売で電解水素水整水器の販売を手がける日本トリムは4月7日から、企業認知の向上や未開拓層へのアプローチを目的に、テレビCMの放送を開始した。職域販売の活性化も見込んでいるという。
 同社のテレビCMはフジテレビで毎週月~金曜日の朝に放送されている「情報プレゼンターとくダネ!」内のCM枠を通して全国放送する。今後は「状況を見ながら放送の拡大を検討したい」(経営企画部)と意気込んでいる。テレビCM放送の開始のタイミングが4月である理由については「テレビ番組の改変期のタイミングであるため。また16年3月期の広告戦略として打ち出すのにいいタイミングだった」(同)と話している。
顧客ターゲットは30代女性
 テレビCMによる広告展開について同社では「企業認知度を高めたい」(同)と狙いを語る。「さらに、未開拓層である30代の女性を取り込みたい狙いもある」(同)としている。今回のテレビCMを制作するに当たっては、新たにターゲットに設定した。「30代女性」の代表として、モデルのSHIHO(シホ)さんをイメージキャラクターとして起用した。
 CMでは「キレイを考える女性の皆さん」「30代になって私の中を流れる水を変えた」というナレーションを流し、ターゲットを明確にしている。
 映像の内容についても、撮影セットに用いる家具など「『30代の女性があこがれるライフスタイル』や『日常』のイメージを喚起してもらえるよう演出にこだわった」(同)という。

(続きは本紙4月9日号で)

フジテレビの情報番組のCM枠を通して全国放送するTVCM

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ