楽天ペイメント/JR東と決済で連携/楽天ペイアプリでSuica発行

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

楽天ペイメントの中村晃社長(写真右)とJR東日本の野口忍常務執行役員がサービス連携を発表

 楽天グループで決済事業を行う楽天ペイメント(本社東京都、中村晃社長)は6月5日、東日本旅客鉄道(JR東日本)とキャッシュレス化の推進に向けてサービス連携を行うと発表した。20年春に「楽天ペイ」のスマホアプリにおいて、JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica(スイカ)」の発行やチャージができるようにする。アプリ内でチャージした場合、「楽天スーパーポイント」を付与する。楽天ペイメントはアプリの機能強化や、ポイント利用の促進が狙い。
 「おサイフケータイ」に対応したアンドロイド端末において、「楽天ペイ」アプリで「Suica」の発行が可能になる。アプリに登録しているクレジットカード「楽天カード」でチャージでき、全国の鉄道約5000駅、バス約5万台、交通系電子マネーとして約60万店舗で決済できる。
 JR東日本は、「当社はリアルでのキャッシュレス化を推進してきた。ネットにおいて存在感の大きい楽天ペイメントは、『Suica』の弱みを補うベストパートナーだ」(常務執行役員IT・Suica事業本部長 野口忍氏)と話す。
 楽天ペイメントは、「当社は本質的なキャッシュレス決済市場の拡大を考え、オープン戦略をとっている。今回の連携は、決済において重要な認証方法のプロトコルにおいて目玉の施策。チャージでポイントも付与する予定であり、かなり利用促進につながる」(中村社長)と意気込む。
 ユーザーによっては利用頻度が高い「Suica」と「楽天ペイ」がつながることで、ポイントを軸にした楽天経済圏がさらに拡大する可能性がある。楽天ペイメントは今後もパートナー戦略を推進し、総合力を高めることでキャッシュレス決済をけん引していきたい考えだ。

「楽天ペイ」のアプリで「Suica」を発行・チャージ可能に(写真はイメージ)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ