アッチェ/大阪大と水素の共同研究/研修制度「アッチェカレッジ」発表

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あいさつする南部景樹社長

 アッチェ(本社東京都、南部景樹社長)は4月1日、大阪大学と水素に関する共同研究を始める。大学との共同研究は、国立長岡技術科学大学に次いで2例目。自社開発の水素パウダーの生体内での働きというテーマで共同研究に取り組む。2月16日に都内で開催した「アッチェフォーラム2019」で南部景樹社長が明らかにした。フォーラムには全国から500人が参加した。

(続きは、「日本流通産業新聞」3月7日号で)

全国から500人が参加した「アッチェフォーラム2019」の様子

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ