ナリス化粧品/開業支援で販売員獲得も/働きながら通えるエステ養成講座開講

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

養成講座を開講する大阪の研修センター

 化粧品訪販のナリス化粧品(本社大阪府、村岡弘義社長)は4月、安価で気軽に通学してプロのエステティシャンを目指せる新養成講座を立ち上げる。大阪・心斎橋の研修センターで4月に同講座を開講、7月には東京の研修センターでも開講する予定だ。同社は養成講座を通じて、受講者の独立開業の支援も行うとしている。講座の受講者を募ることで、将来の販売員獲得につなげる狙いがあるとみられる。
 同養成講座の対象は、OLなどをしながらプロのエステティシャンを目指す女性。講座数は年間29回。月に2~3回受講すれば、(一社)日本エステティック協会が認定するエステティシャンの資格の取得が可能となっている。宿泊での集中講座などと違い、働きながら気軽に、自分のペースに合わせて受講することが可能。費用も、同社の別のエステティシャン養成講座の半額以下に抑えている。
 同協会の認定エステティシャンであり、同社の直営サロンの店長経験も持つスタッフらが、講座を担当。受講者一人一人に技術を手ほどきする。なお、同社のエステティシャン養成講座の18年度の受講者の資格取得率は100%だったという。
 講座の料金は税別20万円。受講者は資格取得後に、同社の販売員や、同社のサロンのオーナーになることができるという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ