アリックス・ジャパン/「アリックスペイ」の導入を発表/大阪イベントに2700人が参加

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 アリックス・ジャパン(本社東京都、宮城邦夫GM)は8月1日、新たな決済方法として「ARIIX PAY(アリックスペイ)」を導入した。7月15日、大阪府内で開催したコンベンション「Star of Tommorow 2018 in 大阪」で宮城GMが明らかにした。
 「アリックスペイ」は、コミッションの受け取り方法を自由に設定できるサービス。ARIIX独自のeウォレットや、ARIIXデビットカードにコミッションを入金できる。会員は専用のウェブサイトから開設を申し込むことができ、自社製品以外にも、ECサイトなどで利用することができるという。
 宮城GMはコンベンションの席上、日本市場について、18年1〜7月の売上高が前年同期比60%増、新規会員数は同30%増を達成したことを明らかにした。今後の戦略は、「イベント、ビジネスキャンペーン、フィールドサポート、プロダクトトレーニングというサイクルでの展開を推進していく。このサイクルを経て、次のイベントに参加するときは、自信が確信に変わるだろう」と語った。

(続きは、「日本流通産業新聞」8月23日号で)

大阪府内で開催したコンベンションで「アリックスペイ」導入を発表する宮城邦夫M

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ