シーボン/美肌コンテスト開催/70代女性が審査員特別賞

「感動美肌コンテスト」表彰式のようす

 化粧品のサロン販売を展開するシーボンは10月9日、東京・新橋でコンテストイベント「2017シーボン 感動美肌コンテスト」を開催した。3388人の同社製品の愛用者が肌の美しさと、美肌になるまでの努力の過程を競った。審査員特別賞には最年長参加者の70歳女性が輝いた。同コンテストを開催するのは、今回が11回目。
 同コンテストは、シーボン製品の愛用顧客と、顧客が通うサロンの店舗が、二人三脚で挑戦するという主旨。参加者は、自宅でのスキンケアと、サロンでの集中ケアを行い、肌の状態とスキンケアに関する努力やエピソードを競う。参加者の肌の状態は定期的にサロンのフェイシャルコンピューターで計測・蓄積する。肌データや美肌にたどり着くまでのエピソード、スキンケアに対する意気込みを同社の金子靖代社長ら審査員が評価。ファイナリストを選出する。
 審査員特別賞を最年長参加者が受賞した。受賞したのは、千葉・船橋店に通う70代の女性。病気でサロンに通えない時期もあったが、自宅でのケアをしっかりと行い、「年齢不詳」の肌印象を手に入れたという。
 グランプリは、東京・大田店に通う20歳の女性が受賞した。学生時代からニキビ跡に悩んでいたが、シーボン製品を使ったスキンケアによって美肌を維持し、ニキビ跡も気にならなくなったなどとコメントした。
 受賞者には旅行券やシーボンの製品などが贈られた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ