日本通信販売協会/サイトのコンテンツ力を評価/「次世代コマース」の表彰で醤油ECが大賞(2023年11月23日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

大賞を受賞した高橋万太郎氏(写真右)

 公益社団法人日本通信販売協会(JADMA、所在地東京都)は11月14日、先進的なECサービスを選出する「Next―Generation Commerce AWARD2023(ネクストジェネレーションコマースアワード、NgCA2023)」の表彰イベントをオンラインで開催、大賞に選ばれた醤油専門ECサイト「職人醤油」を運営する伝統デザイン工房(本社群馬県)の高橋万太郎社長が登壇した。高橋社長は、「全国500カ所以上の醤油蔵を訪ね歩き、100ミリリットル入りの醤油を販売するビジネスを考えた」などと話した。
 「NgCA」は今年で5回目の開催となる。
 大賞に選ばれた「職人醤油」は、100ミリリットル入りの小サイズの醤油を販売するECサイトだ。JADMAによると、「職人醤油」のページ構成や読み物として楽しめるECサイトである点が評価されたとしている。
 「職人醤油」を運営する高橋社長は、「醤油は、全国に1000カ所以上蔵がありそれぞれ違いがあるが、消費者は、どれを使ったらいいか分からない。小サイズの商品を開発し、利用シーン提案をすることで、さまざまな醤油を使ってもらえるようにしたかった」と話した。
 職人醤油では現在、約60品目の醤油をラインアップしている。飲食店などに向けたBtoB―ECの売上規模も大きく、百貨店など実店舗への卸販売も行っているという。年間約30万本を販売しているとしている。
 表彰イベントには、特別賞を受賞した、冷食宅配のサブスクリプションサービスを運営するGREENSPOON(グリーンスプーン、本社東京都)の田邊友則CEOも参加した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ