千趣会とJフロント/3月、共同PBを展開/初年度売上目標は16億円

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

大丸神戸店に出店する「ケイカラット」ショップのイメージ

千趣会とJフロントリテイリングは2月12日、共同開発したプライベートブランド(PB=自主企画)商品を3月から展開すると発表した。千趣会のオリジナルブランドを再構築して、商品の企画生産、販促、マーケティング、顧客情報の活用などを共同で行う多層的なブランドとして展開する。大丸松坂屋百貨店の5店舗に専用ショップをオープンするほか、両社のECサイトや千趣会のカタログでPB商品を販売する。両社が得意とするチャネルやノウハウを活用して、PB商品の売り上げ拡大を狙う。初年度売り上げ目標は16億円。

共同展開する婦人ファッションブランドは「Kcarat(ケイカラット)」。両社の強みを生かし、多様化する顧客ニーズや購買スタイルに対応する「オムニファッションブランド」の位置付けで展開する。
 「ケイカラット」は千趣会が10年に立ち上げた50代女性向けのオリジナルブランド。モデルやタレントとして活躍している黒田知永子さんがプロデュースしている。
 新生「ケイカラット」は黒田さんのファッション経験に基づき、「スタンダード」「プレミアム」「フェイバリット」の三つの商品ラインを展開。幅広い顧客層や購買スタイルに対応する。
 価格は既存ナショナルブランドの80%の価格設定で〝バリュー感〟を訴求する。一例を挙げると、シャツ・ブラウスの中心価格は「スタンダード」で9000円、「プレミアム」で1万4000円、「フェイバリット」で1万6000円となっている。

続きは「日本流通産業新聞」2月18日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ