【三友商事】神宮球場で「エアバスターデイ」を開催/オゾン除菌脱臭器をアピール(2023年8月24日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

2016年グランツーリスモチャンピオン・冨林勇佑選手が始球式

 健康関連商材の開発・販売をする三友商事(本社大阪府、大門正義社長)は7月16日、東京・神宮球場で行われたプロ野球の巨人戦に協賛し、「AIR BUSTER DAY(エアバスターデイ)~エアバスターってなんだ!~」として開催した。オゾン除菌脱臭器「AIR BUSTER(エアバスター)」や、車載用オゾン除菌脱臭器「エアバスターポータブル」をPRした。
 試合は三友商事がスポンサーで、2016年のグランツーリスモチャンピオンの冨林勇佑選手が「ファーストピッチセレモニー」に登場した。大門社長が「エアバスター」を進呈したほか、メインビジョンなどで特別CMを放映した。
 冠試合の開催に合わせてインスタグラムをフォローすると選手のサイン入りオゾン発生機が当たるキャンペーンを実施。1万人限定でエアバスターをPRするオリジナルうちわを配布した。
 三友商事は今年4月、東京ヤクルトスワローズとオフィシャルスポンサー契約を締結。オゾン除菌脱臭器「エアバスター」を神宮球場のクラブハウスや埼玉県戸田市の寮、キャンプ地などに導入を進めている。
 プロバスケットボールや自動車レースのスポンサーにもなっており、ブランディング強化に力を入れている。

「AIR BUSTER DAY」を開催

ヤクルト・つば九郎と記念撮影

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ