エックスワン/ららぽーと横浜に出店/ECの販売チャネルも強化(2022年5月12日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ららぽーと横浜に実店舗「エックスリュークス横浜」を出店

 ヒト幹細胞培養液化粧品のネットワークビジネスを展開するエックスワン(本社東京都、齊藤勝久社長)は4月27日、神奈川・横浜にある大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと横浜」に実店舗「エックスリュークス横浜」を出店した。同社が実店舗を出店するのは、東京の青山・銀座に続いて3店舗目。出店と同時に、「エックスリュークス横浜」の公式アプリの提供も開始した。三井ショッピングパークの公式通販サイト「&mall(アンドモール)」にも出店。ECでの販売チャネルも強化している。
 「ららぽーと横浜」に出店したのは、ファミリー層など新規顧客の開拓と、ブランドの認知拡大が主な目的。店舗で獲得した顧客に対しては、店舗やアプリを通してリピートを促す予定。ネットワークビジネスの会員登録への誘導は行わない予定だとしている。
 新店舗では、ヒト幹細胞培養液化粧品「エックスリュークス」や健康食品、日用品など、同社が扱う製品のほぼすべてに当たる約200品目を取り扱っている。
 顧客の肌悩みなどの相談を受けるカウンセリングコーナーや動画説明ツールも設置している。SDGsを意識した店舗設計となっており、エックスワンの製品の中でも、天然資源や省エネルギーを配慮した製品を前面に打ち出している。
 店舗の出店と同時にリリースした公式アプリでは、店舗のセール情報や新商品情報の配信を行う。アプリでは、店舗のスタッフから肌悩みなどに関するオンライン相談を受けることもできる。アプリから、「&モール」のページへ遷移し、ECで商品の注文をすることもできるという。

健康食品や日用品など約200品目を取り扱っている

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ