アクセンチュア/倉庫の自動化を支援/ロボット技術のMUJINと協業

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

アクセンチュアの江川社長(写真右から2人目)とMUJINの滝野CEO(同3人目)

 アクセンチュア(本社東京都、江川昌史社長)は6月28日、知能ロボットコントローラを開発・販売するMUJIN(ムジン、本社東京都、滝野一征CEO)と人工知能(AI)やロボットを活用した物流サービスの提供において協業すると発表した。物流領域におけるデジタル変革を推進し、倉庫の自動化や可視化、配送計画の最適化まで支援する。
 アクセンチュアはAI Powered SCM(サプライチェーン管理)のサービスを提供しており、MUJINと協業することで倉庫オペレーションの最適化まで支援できる体制を整える。
 MUJINはバラ積みピッキングや箱詰めなどの工程を自動化する知能ロボットコントローラを開発・販売している。両社の知見やソリューションを組み合わせることで、顧客企業の物流最適化や生産性向上を実現できるという。
 アクセンチュアの江川社長は、「MUJINは世界最先端のロボット技術を有する企業であり、製造・流通業界が変革に取り組む上で欠かせない存在。今回の協業を通じて、当社のAIやロボティクス領域のエコシステムを強化し、お客さまの変革に向けてより一層貢献したい」と言う。
 MUJINの滝野CEOは、「当社は産業用ロボットを知能化し、簡単に使えるようにすることで、生産性や品質の向上に寄与している。アクセンチュアとの協業により、こうした取り組みをさらに推進していきたい」と話す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ