プルークス/動画制作ワンストップ化/制作数は3000本に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

クラウドサービス「Promane(プロマネ)」

 動画制作からマーケティング、配信までを行うプルークス(本社東京都、皆木研二社長、(電)03―6260―6880)は、15年の創業以来、約4年で手掛けてきた動画の制作数が3000本を超えている。企業のPR動画や商品説明動画などをメインに制作してきたという。同社は、動画関連のサービスをワンストップで提供できる強みを持つ。
 従来の動画制作会社では、企画や配信はそれぞれ別の会社が担当するケースが多かったという。情報の一元化ができず、企業の要望に沿った動画マーケティングが行えないケースもあったとしている。
 同社では、動画関連の一連のサービスをワンストップ・ローコストで提供できるという。18年1月からは、動画制作に当たって必要となる、利用者と制作者のやり取りをウェブ上で一元的に行えるクラウドサービス「Promane(プロマネ)」の提供も開始した。打ち合わせ時間やコストの削減につながっているという。変更履歴をトレースできるようにもしている。
 同社によると「動画マーケティングの利用希望者には、文章や写真などで伝えにくい、商品やサービスを扱う企業が多い」と言う。EC事業者から、会社のPR動画や商品動画の製作を依頼されることも多いという。動画制作の費用としては、30万~300万円の案件が多いとしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ