GMOペパボ/アプリストア開設/連携サービスを手軽に利用

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

開設時は8種のサービスを提供

 GMOペパボは5月13日、カートASP「カラーミーショップ」において、導入店舗が外部の連携サービスを手軽に利用できるサービスの提供を開始した。開設時は、在庫管理やマーケティング、顧客サポートを支援する8種のサービスを提供。今後さらにサービスを増やし、導入店舗の利便性向上を図りたい考えだ。
 新サービス「カラーミーショップ アプリストア」は、すぐに導入できる連携サービスを一覧で確認することができる。導入したいサービスを選び、プランを選択すれば、すぐにサービスの利用を開始できる。これまでは個別に連携サービスを契約したりする必要があった。
 開設時にはGMOペパボが無料で提供するアプリ「画像・テキスト 盗用防止」や、エモーションインテリジェンスが有料で提供するウェブ接客ツール「zenclerk lite(ゼンクラーク・ライト)」のアプリなど8種を提供している。
 今後は外部デベロッパーにアプリ開発を促していく予定だ。年内に50種のサービス提供を目指している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ