〈主要カート18年の実績調査〉 メイクショップが1位/7年連続、年間流通総額で

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「MakeShop」の流通総額の推移

 本紙はこのほど、18年におけるECサイト構築を支援するカートASPの実績を調査した。利用店舗の年間流通総額では、GMOメイクショップ(本社東京都、向畑憲良社長、(電)03—5728—6224)が提供する「MakeShop(メイクショップ)」が7年連続で1位になった。18年末の利用店舗数では、GMOペパボが提供する「カラーミーショップ」が1位だった。
 「メイクショップ」の18年における流通総額は、前年比7・7%増の1594億円になった。月額1万円から利用できる手軽さに加え、豊富な機能や充実したサポート体制が流通総額の拡大に寄与した。

(続きは、「日本ネット経済新聞」3月7日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ