スマートショッピング/消耗品を自動発注/アマゾンのサービスに対応

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

商品を置くだけで消耗品の自動発注ができる「スマートマット」

 日用品ネット通販の価格比較サイトを運営するスマートショッピング(本社東京都、志賀隆之・林俊英両代表)は12月5日、アマゾンと提携し、消耗品が足りなくなったら自動的に再発注するアマゾンの新サービスに、自社開発したIoT重量計が対応すると発表した。重量計の上に消耗品を置き、足りなくなったら自動的に再発注がかかり、消耗品を補充する。
 同日アマゾンが提供する新サービスは、「Amazon Dash Replenishment Serevice(DRS)」。各種メーカーが、自社のインターネット対応機器とアマゾンのクラウドサービスをつなぐ。その機器で消費した消耗品を自動発注する。
 スマートショッピングは、在庫管理用のIoT重量計の上に消耗品を置くだけで、常に残量や残数を自動計測・管理できるIoTデバイス「スマートマット」を提供している。「スマートマット」の上にアマゾンが販売する消耗品を置くと、減ったタイミングでアマゾンに自動的に再注文がかかる。
 オフィス、飲食店、ホテルなどが顧客ターゲット。ドリンク類をはじめとした150商品に対応する。対応商品は今後拡大していく予定という。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ