〈サントリーとぐるなび〉 自販機で弁当受注/職場に出来立てを宅配

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

職場にある自動販売機から注文ができる

 サントリー食品インターナショナルは7月5日、ぐるなび(本社東京都、久保征一郎社長)と共同で、職場にある飲料の自動販売機で弁当の注文を受け付け、出来立ての弁当を届けるサービスを都内で開始すると発表した。平日の午前8時から10時に注文を受け、正午までに届ける。職場で昼食を取ることができない、「ランチ難民」や「欠食」といった課題解決を図る。
 法人向け新サービスは「宅弁(たくべん)」。サントリーグループで飲料の自動販売機など総合飲料サービスを展開するサントリービバレッジソリューション(本社東京都、土田雅人社長)と、ぐるなびが共同で実施する。
 都内の中央、港、千代田、品川の4区で開始する。弁当は一種類の日替わりで、価格は一つ700円。受注後、ぐるなびがコーディネートするレストランから弁当が届く仕組み。
 弁当を購入する際、「購買証明コイン」を釣銭口で受け取ることができ、これを利用すると自販機から10円引きで飲料を買うことができる。飲料需要の拡大も狙いの一つとなっている。
 サントリービバレッジソリューションの土田社長は、「自販機は働く人の最も近くにあるもので誰もが使い慣れている。今回の取り組みを通し、職場をより快適にしていきたい」と抱負を語った。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ