小泉成器/ボタンで本格料理を5段階/圧力で調理

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「マイコン電気圧力鍋KSC-3501」

 小泉成器(本社大阪府、田中裕二社長、(電)0570―07―5555)は1月12日、ワンタッチで本格調理ができる「マイコン電気圧力鍋KSC―3501」を発売した。
 素材を入れてワンタッチキーを押すだけで、炊飯のほか、角煮、肉じゃが、煮豆などの調理ができる。5段階に設定された圧力を使い分けることで本格的な調理を実現する。
 料理研究家の平沢あや子氏が監修したレシピブックが付く。「朝・昼・夜ごはん」「おもてなし」「おつまみ」など用途に応じた51種類の時短料理を紹介している。
 サイズは幅260×奥行280×高さ250ミリメートルで、重さは約3.8キログラム。
 実売想定価格は1万2800円(税抜)。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ