マクスゼン/「2台目」として訴求/高冷却機能の1ドア冷凍庫(2021年12月2日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

高機能の「1ドア冷凍庫」を販売開始

 家電ECのエクスプライスのグループ会社で、プライベートブランド商品の開発を手掛けるマクスゼン(本社東京都、稲積憲社長、(電)03―5633―8817)は11月17日、高機能の冷却機能を搭載した「1ドア冷凍庫」の販売を開始した。保管スペースが圧迫される冷蔵庫を補助する「2台目の冷凍庫」として訴求していく。
 「おうち時間」の増加により、冷凍食品や作り置き食品などを保管する冷凍室の使用が増えている。「冷蔵庫の冷凍室に食品が入りきらない」といった家庭の悩みに応えるため、64リットルの保管容量を持つ専用冷凍庫を開発した。家庭の冷蔵庫との併用を想定している。
 冷却性能は、日本工業規格(JIS)で定められた4段階の中で最高水準のフォースターを持つ。庫内は冷凍室棚と冷凍ケース3個に分かれている。
 温度調整や設定は前面に設置されたタッチパネルで可能。操作のための余計な開け閉めも不要だ。
 「1ドア冷凍庫」のサイズは、幅47.8センチ×奥行き50.5センチ×高さ85センチ、重量は27キロ。色は「ガンメタリック」の1色。天板は耐熱仕様のため、上に調理家電などの設置も可能だ。
 価格はオープン価格だが、直販サイトでは2万800円(税込)で販売している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ