シニアライフクリエイト/高齢者の集いの場を開店/岩手県に「昭和浪漫倶楽部」

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「昭和浪漫倶楽部」外観

 「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」をフランチャイズ(FC)展開するシニアライフクリエイト(本社東京都、高橋洋社長)は8月6日、岩手県洋野町の「宅配クック123洋野町店」に併設する形で、地域の高齢者が集う場として「昭和浪漫倶楽部」をオープンした。
 岩手県洋野町は県沿岸部の最北端に位置し、人口は約1.54万人。昭和浪漫倶楽部は、高橋社長が「在宅配食サービスは利便性が高い反面、ひきこもりや運動不足を作る要因にもなりかねず、外出が困難な人は自宅で、外出可能な人は、集まって食べる機会を持ってほしい」という思いから始まった施設だ。
 今後は、地域の高齢者が運営する文化教室や共食の場として、気軽に立ち寄れる交流拠点の役割として活用する。
 また、介護や医療従事者、民生委員などにも地域の情報収集の場として活用できる施設として「地域の皆さまに貢献できるよう取り組んでいく」(同社)としている。

地域の高齢者が集う場としてオープン

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ