帝人/サプリのECを初展開/女性の膣内ケアの乳酸菌サプリで

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ブランドアドバイザーのわたなべ麻衣が出席した記者会見の様子

 繊維メーカー大手の帝人は7月13日、女性の膣内フローラの正常化をケアする乳酸菌サプリメントのECを開始した。同社が、サプリの自社ECを展開するのは初めて。
 女性の健康をサポートするブランド「melito(ミライト)」では、「乳酸菌UREX(ユーレックス)」「乳酸菌LGG」「乳酸菌BB―12」をそれぞれ配合した、3種類の乳酸菌サプリをラインアップした。
 「乳酸菌UREX」は、女性の膣内フローラを正常化する働きが確認されているという。「乳酸菌UREX」を継続的に摂取することにより、細菌性膣症をセルフケアできる可能性があるとしている。
 同日には、モデルでタレントのわたなべ麻衣をブランドアンバサダーとして迎え、記者会見を行った。
 帝人は20年に「乳酸菌UREX」の素材提供を開始。21年3月には、調剤薬局の雄飛堂(本社東京都)が、「乳酸菌UREX」を配合したサプリを発売している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ