Zホールディングス/即配サービスをテスト/アスクルや出前館と協業

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「即配サービス」の仕組み

 Zホールディングス(ZHD)は7月5日、グループ企業のアスクルや出前館とともに、日用品や食料品を即時配達する「即配サービス」の実証実験を行うと発表した。実証実験で即配サービスのニーズを確認し、今後のサービス展開に生かす。
 「即配サービス」は7月末から、東京・板橋区を含む一部エリアで開始する。ユーザーは出前館のサービス上で、アスクルが販売する約300種類の商品を購入でき、最短15分で受け取ることが可能だ。
 出前館の配達員は注文を受けた後、都内の専用倉庫で商品を受け取り、自転車やバイクで指定された配達先に届ける。ZHDやヤフー、LINEは、集客やポイント施策などのマーケティング活動をサポートする。
 今後、順次3~5エリアにサービスを拡大する予定だという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ