日本光触媒センター/光触媒の抗菌スプレー/14分間にわたり連続噴射

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

光触媒の抗菌・抗ウイルススプレー

 光触媒剤の製造・販売を手掛ける日本光触媒センター(本社佐賀県、増田裕一郎社長、(電)0954―20―7115)は5月、光触媒の抗菌・抗ウイルススプレー「blocKIN(ブロッキン)」から新サイズの発売を発表した。従来の約2倍相当となる450ミリリットル容量のスプレー缶を発売する。1本で約14分間にわたる連続噴射が可能となる。
 光触媒は、汚れや細菌などを無害化に分解する物質のこと。「ブロッキン」はこの物質を配合しているため、1度の噴射で除菌効果が約1カ月間持続する。
 メーカー希望小売価格
は5940円(税込)。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ