PayPay/年間決済回数20億超/登録者などの主要指数を発表

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「PayPay」年間決済回数は前年度の2.5倍に

 電子決済サービスを手掛けるPayPay(ペイペイ、本社東京都、中山一郎社長)は4月12日、決済サービス「PayPay」の登録者数・加盟店数・決済回数といった主要指標の推移を発表した。20年4月―21年3月における1年間の決済回数は、前年比約2・5倍となる20億3892万回に達した。
 3月末時点での「PayPay」アカウント登録者数は、20年3月末と比較して1091万人増となる3803万人だった。
 加盟店数は同101万カ所増の316万カ所となっている。
 総務省が20年9月から実施している「マイナポイント事業」に、ポイント還元対象のキャッシュレス決済サービスとして参加している。「マイナポイント事業」における「PayPay」の登録者数は、4月時点で300万人超としている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ