キューサイ/55周年のウェブイベント開催/ケールオムレツに参加者「おいしそう」

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ケールを使ったレシピを実践する様子

 キューサイ(本社東京都、神戸聡社長)は4月8日、創業55周年を記念したオンラインイベント「ケールdeギルトフリーごはん講座」を開催した。イベントでは、同社のスタッフや料理研究家が、ケールを使ったオムライスなどの調理法を披露。参加者からは、「おいしそう」「作ってみたい」などといったコメントが寄せられた。
 キューサイの創業55周年記念のオンライインベントは、昨年12月に引き続き、今回で2回目の開催となる。今回は4月8日と17日の2日間にわたって開催。4月8日には、同社の顧客のほか、キューサイに興味を持って申し込んだ人など、約130人が参加した。
 イベントでは、料理研究家の河瀬璃菜さんが、キューサイのケール粉末を使ったドライカレーやオムライス、ラッシーのレシピを披露した。電子レンジで温泉卵を作る方法など、身近なレシピのアイデアも説明しつつ、約30分間で三つのレシピを紹介した。イベントの終盤には、島根県のケール畑から、オンライン中継も実施した。
 キューサイでは、19年10月にブランドロゴやブランドイメージの刷新を図った。ブランドイメージの刷新に伴い、顧客とのコミュニケーションを強化する目的で、20年12月に初めて、一般の顧客向けにオンライインベントを実施した。当初はリアルイベントを計画していたが、コロナ禍の状況を踏まえ、オンラインでの開催に切り替えたという。
 キューサイでは今後、21年12月までの1年間にわたって、顧客と直接話したり、商品を体験してもらったりするさまざまなイベントを開催していくとしている。既存顧客との関係強化や新規顧客との接点づくりに役立ていくという。

ケール粉末を使った「ダブル青汁オムライス」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ