フォーデイズ/恒例の春イベントに3600人参加/全国でイベント実施を表明

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あいさつする和田社長

 フォーデイズ(本社東京都、和田佳子社長)は3月18日、恒例の春イベント「フォーデイズ春 2021 in 関西」をインテックス大阪で開催し、約3600人が参加した。
 開演挨拶で和田社長が、21年3月期決算の売上高は前期比2.3%増の330億円の見通しであることを明らかにした。会員数も前期より1万人以上増加したという。
 22年3月期については、「フォーデイズをのぞいてみたいという人をもっと多く迎えていきたい」との展望を語った。そのため、全国でイベントを実施していく考えを表明した。
 展示ブースでは、2月にバージョンアップした主力の核酸ドリンク「ナチュラル DNコラーゲン」をはじめ、人気サプリメントのサンプルを配布したほか、トップリーダーによる特別セミナーも好評だった。
 さらに、空港をイメージしたブース「FORDAYS AIRWAYS」では、世界各国のフォトパネルが並び、海外旅行気分を味わえる撮影ができるとあって、盛況となった。
 「フォーデイズ春」は、会社の歩み・製品・会員活動の楽しさの3点を一元化して紹介し、会員と見込み客にフォーデイズの魅力を伝える、春の恒例イベント。20年はコロナ禍の影響で中止となったため、2年ぶりの開催となった。

約3600人が参加した「フォーデイズ春 2021 in 関西」会場

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ