楽天/西友からロボット配送/公道での実用化は国内初

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「西友馬堀店」から配送

 楽天は3月23日、西友や神奈川・横須賀市と共同で、自動配送ロボット(UGV)による配送サービスを期間限定で開始する。自動配送ロボットの公道走行によるスーパーからの商品配送サービスは国内初だという。
 低速・小型のUGVが、横須賀市にある「西友馬堀店」の商品を購入者宅へ配送する。3月23日から4月22日の間の火曜日と木曜日にサービスを提供。対象商品はコメや飲料、菓子、調味料、日用品など約400点で、生鮮食品や要冷蔵・冷凍食品、割れ物などは対象外になる。
 対象地域の住民は、専用のスマホ向けの注文サイトから商品を選択し、配送先住所と配達時間帯を指定して注文するか、「西友馬堀店」で購入した商品をサービスカウンターに持ち込み、配送を依頼することで利用できる。手数料は無料。
 商品を運ぶUGVは、購入者の自宅の前に到着すると自動音声による電話で到着を知らせる。購入者は、自動配送ロボット側面の操作パネルに暗証番号を入力して扉を解錠し、商品を受け取ることができる。
 20年12月に実施した公道走行実証実験を経て、UGVが安全に公道を走行できることを確認し、期間限定で実用化を決めた。UGV走行中は、同地域から約5キロメートル離れた「横須賀リサーチパーク」から遠隔監視する。
 楽天と横須賀市は20年11月、包括連携協定を締結し、UGVやドローンによる無人配送を通じた地域課題の解決に向けて連携を深めている。

暗証番号で扉を解錠し、商品を受け取り

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ