再春館製薬所/非対面受取に対応/ヤマトの「EAZY」を導入

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 再春館製薬所(本社熊本県、西川正明社長)は3月1日から、非対面での商品受け取り(置き配)を始めた。ヤマト運輸の配送サービス「EAZY(イージー)」を導入。玄関前や自転車のカゴなど、顧客の指定する場所に通販商品を届ける。配達手段の選択肢を増やすことで、顧客の利便向上を図る。
 「EAZY」は受取人の要望に合わせて、さまざまな受け取り方法が選べるサービス。在宅・不在にかかわらず、配送先住所の敷地内にある指定場所に置き配する、非対面での受け取りを指定できる。
 配達完了後は、リアルタイムで配達完了メールを受取人に通知。非対面指定の場合、メールに記載されているURLから、配達員が置いた場所を撮影した写真が確認できる仕組み。
 受取直前まで、受け取り場所や日時の変更が可能となるため、急用や天候の変化など、受取人の都合に合わせて変更できる。
 ヤマト運輸の「EAZY」が、再春館の顧客に対する思いと合致するサービスとなることから、導入を決めた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ