みらい住宅開発紀行/子育て支援3カ年計画を策定/3カ年で女性採用を3割に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 外壁塗装などを手掛けるみらい住宅開発紀行(本社大阪府、中積康至社長)は2月1日から3年間の「仕事と子育ての両立支援行動計画書」を策定した。
 初年度は、産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育児休業中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。具体的には、21年7月から、法令に基づく諸制度の調査を実施し、10月から制度に関するパンフレットを作成して社員への配布を目指す。

(続きは、「日本流通産業新聞」」2月18日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ