ローソン/ウーバーイーツで市販薬/国内初、都内3店舗で販売開始

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

登録販売者が確認の上、配達員に受け渡す

 ローソンは2月4日、東京都内の3店舗でフードデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を活用した市販薬の販売を開始した。「ウーバーイーツ」による市販薬の販売は国内初。コロナ禍で巣ごもり消費が増える中、迅速に市販薬を販売できる体制を整えた。
  取扱商品は、かぜ薬や目薬、胃腸薬など第2類医薬品と第3類医薬品の49種類。まずは「ローソンゲートシティ大崎アトリウム店」「ローソン荏原町駅前店」「ローソン久が原一丁目店」の3店舗で対応を開始した。
 利用者が「ウーバーイーツ」のアプリから取扱店舗や希望の市販薬を選択すると、必要な説明事項が表示し、確認ボタンのタッチすることで注文が可能になる。
 店舗では商品を医薬品専用の袋に入れ、登録販売者が確認の上、配達員に受け渡しする。店舗の医薬品販売時間内での取り扱いとなる。
 ローソンは09年ごろから、地域の調剤薬局との連携や登録販売者の育成などを進め、医薬品の取扱店舗を拡大してきた。現在、245店舗で医薬品を取り扱っている。
 一方、19年8月から「ウーバーイーツ」に対応しており、取扱商品は約350品目に達している。今後、市販薬の取扱店舗を拡大することにより、顧客の利便性の向上や売り上げの増加を狙う。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ