ヒューマンフォーラム/”森”の古着サブスク/リペア、染め直しも対応

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

衣類のリペアや裾直しを店舗スタッフが提案

 古着中心のアパレルブランド「USEDを拡張する進化型古着屋”森”」は1月12日、古着について「レンタル」「リペア」「染め直し」「ワークショップ」の各サービスを月額制で利用できるサブスプリクションサービス「MORI MEMBER(モリメンバー)」をスタートした。同ブランドは、アパレル事業を展開するヒューマンフォーラム(本社京都府、出路雅明会長)が運営している。
 「MORI MEMBER」には、同社の自社ECサイト「森の公式通販」からのみ加入できる。月額5000円(税込)。
 2万円(税別)以下の中古・ヴィンテージなどの実店舗にある古着を月に最大5点、最長1カ月間レンタルできる。気に入った商品は購入することもできる。
 会員特典として、実店舗に衣服を持ち込めば、毎月1点無料で衣類のリペアを行える。
 衣類の黒染めも、会員特別価格で提供するという。古着をテーマにしたワークショップも開催しており、無料で参加できる。
 会員は、同社の自社ECサイト「森の公式通販」で購入した商品の送料が、回数無制限で無料になるという。
 同サービスは、同社の既存のファンに向けてリリースしたのだという。「服をより永く着ることを」がテーマ。通販サイトと実店舗との相互送客も狙っているという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ