ファーウェイ・ジャパン/住宅用蓄電池を本格化/代理店方式で販促

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「LUNA2000シリーズ」

 ファーウェイ・ジャパン(本社東京都)はこのほど、住宅用蓄電池の販売を開始する。販売代理店方式で展開し、すでに太陽光発電の販売会社と契約実績もあるという。
 同社の蓄電システムは「LUNA2000シリーズ」でモジュール型。5、10、15キロワットの3タイプ容量の機器をそれぞれ販売する。最大2台まで併設が可能で、最大増設は30キロワットとなる。屋内外で設置でき、設置方式は、床置きか壁掛け(オプション)の二つ。
 機器の管理は、専用のアプリで行うことができる。安全面も考慮し、機器内の異常加熱「直流アーク」を検出し、0.5秒以内に即時遮断。停電時には、最短5秒以内で自立運転モードに自動で切り替わるようにした。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ