フォーデイズ/全国大会を4会場同時中継で開催/核酸ドリンクのバージョンアップを発表

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あいさつする和田佳子社長

 フォーデイズ(本社東京都、和田佳子社長)は11月10日、「第20回 フォーデイズ全国大会」を、東京・札幌・大阪・福岡の4会場同時中継で開催し、合計で約3000人の会員が参加した。
 和田佳子社長が講演し、21年3月期決算の売上高が、現時点で前年同期を上回っていることを明らかにした。20年の新規登録者数も前年より大幅に増加しているという。今年5月に発売した、ヒト幹細胞培養液を高配合した美容液「ムーサ エッセンス ステム」が好評で、「コロナ禍でも好調な業績を挙げている」と自信を見せた。
 さらに、主力の核酸ドリンク「ナチュラル DNコラーゲン」をバージョンアップして、2021年2月に発売することを発表。フォーデイズとライフ・サイエンス研究所の共同研究室「次世代核酸ラボFD」が開発した新核酸素材「FCore―2021」を配合する。
 和田社長は「最高の核酸が誕生したと自負している。21年は新核酸ドリンクで、会員の皆さんと新しいスタートを切っていきたい」と展望を語った。
 和田社長講演とサプライズショーを同時中継した後、各会場で特別講師が登壇して講演を行った。今回の全国大会はEXTRA VERSION。4会場のいずれもキャパシティの30%未満とし、マスク着用、アルコール消毒と検温の実施、ソーシャルディスタンスの確保など、感染症防止対策に万全を期して実施した。

4会場同時中継で開催した全国大会の様子

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ