ファンケル/コロナ感染防止へ/コールセンターを分散化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

新設したコールセンターブース

 ファンケルは4月28日、本社の4階にコールセンターブースを新設した。5月7日から本格稼働させる。4月2日には本社に集約していたコールセンターを分散化し、横浜市栄区の飯島社屋にフロアを設けて二拠点化した。電話対応フロアを増やし、1フロアの人数を減らすことや、マスクの配布など感染予防を進め、新型コロナウイルスへの感染リスクを減らしていく。
 新設した本社4階のコールセンターフロアの広さは221.01平方メートルで、席数は40席。業務内容は化粧品・健康食品の相談受け付け業務のほか、返品、交換、登録内容など、その他の問い合わせに対応する。
 本社4階のコールセンターフロアの開設で、電話対応フロアは本社の2階と4階、飯島社屋の3階と5階の4フロアとなった。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ