【楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2019】 MOAが総合グランプリ/中小企業も総合10位に入賞

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 楽天は1月28日、19年における「楽天市場」の優秀店舗を表彰する「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2019」を発表した。総合グランプリは家電販売の「A―PRICE(エープライス)楽天市場店」が受賞した。総合賞にはオリジナル商品を扱う店舗や中小企業も名を連ねた。ジャンル賞やサービス賞、特別賞も含め、延べ173店を表彰した。
 「A―PRICE楽天市場店」を運営するMOA(本社東京都、佐伯澄社長)の大西剛取締役営業本部長は、「一昨年は8位、昨年は5位だった。今回の受賞は素直にうれしい。大型家電の配送・設置など、お客さまの自宅に上がって行う『血の通った商売』を念頭においたサービスを強化したことが、受賞の一番のポイントだと思う」と話す。
 「A―PRICE楽天市場店」の19年の売上高は、前年と比べ2桁増となった。競合企業が苦手としている取り付け・設置が必要な白物家電のPB商品が売り上げ拡大をけん引したという。
 「(『楽天市場』の中で)量販店などが苦戦する中、PB商品や設置サービスの強化といった独自路線が今回の結果につながったのではないか」(同)と分析する。
 総合2位は、山善が運営する「くらしのeショップ」が受賞した。
 「当社は季節商材が大半を占めており、増税や天候がマイナスに影響した。一方、異常気象の影響もあり、防災関連の商品や工事現場で使う商品を展開するなどして、売り上げを確保できた。他にも親和性の高い商品を集め、ついで買いやセット購入を促す施策も行った」(西出康人家庭機器事業部eビジネス部長・業務課長)と話す。
 総合3位は、アルペンが運営する「アルペン楽天市場店」が受賞した。
 「実店舗限定の商品をECでも販売したことで、欠品など在庫問題を解消し、売り上げを伸ばした。商品点数は1年間で5~10%ほど増加している」(EC事業部・武藤恵一部長)と話す。
 総合4位の「サプリ専門SHOP シードコムス」、総合7位の「THINK RICH STORE(シンクリッチストア)」、総合8位の「タオル直販店 ヒオリエ/日織恵」など、中小企業が運営する店舗も総合賞を受賞した。19年10月から開始した「キャッシュレッシュポイント還元」を追い風に、成長を加速した企業もあるようだ。

楽天の三木谷浩史社長(写真中央)と総合グランプリを受賞したMOAの大西剛取締役(同右)、城守豪マネージャー

総合8位の「タオル直販店 ヒオリエ/日織恵」は受賞後、ステージ下で仲間と歓喜

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ