ロイヤル化粧品/3人のCADが誕生/月例会議、ディナーショーを開催

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「SSクリームThanks」を手にする桃園忠会長

 ロイヤル化粧品(本社東京都、桃園忠会長)は12月2日、2019年最後となる月例会議をザ・プリンスパークタワー東京で開催、全国から参加した多くのメンバーが会場を埋め尽くした。
 19年を締めくくる総決算として行われた月例会議では、3人のCADが新たに昇格したことを発表。夢をかなえた輝かしい姿に会場からは歓声が上がり、割れんばかりの拍手が送られた。
 昇格者に賛辞を贈った桃園会長は、「今年も残すところ1カ月。どうか最後まで前向きに突っ走って、最高だったと思える1年にしてほしい。ロイヤルの12月はそれがかなう月。皆さんのチャレンジを心から応援している」と励ました。
 19年1年間の感謝の気持ちを込めて、参加者に「SSクリームThanks」がプレゼントされた。この製品について桃園会長は「ロイヤルのクリームに勝るものはないと自負しており、これを超えるものは難しいと思っていたが、製法を変えることで素晴らしい傑作ができた。一度使ってもらえばその違いが分かる。この製品には価格のつけようがないので、プレゼントとしてお渡しするしかない。それほど贅沢なクリームだ」と話した。
 月例会議の後は恒例のディナーショーを開催。料理を堪能した後は、歌手の前川清によるステージがスタート。テレビでもおなじみの軽妙なトークに会場は笑いの渦に、そして卓越した歌声で数々のヒット曲を披露し、会場は一流のエンターテインメントに酔いしれた。

月例会議のようす

ディナーショーでは歌手の前川清のステージも

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ