ナチュラリープラス/200人収容のセミナールームも/東京サロンをリニューアルオープン

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

テープカットセレモニーにはユニヴァ・キャピタルグループの稲葉秀二会長兼グループCEO(写真から2人目)も参加した

 ナチュラリープラス(本社東京都、名越隆昭社長)は、東京本社に併設している東京サロンをこのほどリニューアルし、4月1日に「東京サロン・リニューアル・オープニングセレモニー」を開催した。
 セレモニーの冒頭、あいさつに立った名越社長は、参加した会員に謝辞を述べた上で、リニューアルによって待望の200人収容のセミナールームを設置したことを報告した。
 名越社長は「ナチュラリープラスは2002年9月に、ここ六本木の泉ガーデンタワーに移転した。翌03年には大阪サロンを、05年に札幌、福岡にサロンを設けた」と国内に4つのサロンを構えているという現状に触れた。その上でグローバル展開について、「現在9カ国で展開し、サロンは世界に20カ所ある。今年6月にはインドネシアに3つ目となるサロンをスラバヤ支店にオープンする。そして年内にもフィリピン、ベトナム、ブルネイがオープンできるように準備を進めている」と話した。
 また、4月に発売した機能性美容液「リフタント」について「北海道から沖縄まで『リフタント』で盛り上がっている。WLIはオペラハウスをキーワードに世界9カ国が意気軒昂で、ナチュラリープラスは絶好調で推移している」と現況に触れた。


(続きは本紙4月9日号で)

リニューアルした東京サロン

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ