楽天/ファッションEC刷新/流通総額1兆円を目指す

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

新構想を発表する三木谷社長

 楽天は9月17日、ファッションECサイトを刷新すると発表した。ブランドの紹介ページを新設したり、冠スポンサーとなったファッションイベントと連携したサービスを提供し、有力ブランドに出店を促す。三木谷浩史社長は、「現在、ファッション領域の流通総額は約6000億円だが、1兆円まで目指したい」と意気込みを示した。
 10月1日、「楽天市場」内に設けているファッションECサイト「Rakuten BRAND AVENUE(楽天ブランドアベニュー)」の名称を「Rakuten Fashion(楽天ファッション)」に変更する。ブランドの成り立ちやコンセプトなどを紹介するページを新設し、ユーザーにブランドの魅力を伝えられるようにする。
 楽天が冠スポンサーになった「Rakuten Fashion Week Tokyo(楽天ファションウィーク東京)」と連動した企画やサービスも提供する予定だ。楽天は今後も国内のファッションイベントを中長期的に支援する方針も明らかにした。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ