アイル 〈「バックヤードフェス2018」〉2回目のリアルイベント/ファン育成術や最新決済体験を提供

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

セミナーや店舗が充実(前回の様子)

 一元管理システム「CROSSMALL(クロスモール)」を展開するアイルは10月5〜6日、ECのバックヤード担当者を対象としたリアルイベント「バックヤードフェス2018」を開催する。テーマは「ファン&ペイ」。ECサイトのファン育成に役立つセミナーを実施したり、「クロスモール」導入店舗の販売ブースではキャッシュレス決済を提供。バックヤードが主役のイベントでは、買い物の”楽しみ”だけでなく、”イノベーション”も体験できる。
 一般消費者も参加できる形式での開催は2回目となる。開催場所は楽天本社ビル前の二子玉川ライズのオープンスペース。飲食や商品の販売店舗、カフェスペース、セミナーなどを開催するステージ、ワークショップスペース、ボルダリングスペースなどを設置する。
 地ビール製造のヤッホーブルーイングやスイーツ専門店の神戸フランツ、ファッションブランドを展開するマザーハウスなど、「クロスモール」導入企業が20店舗以上出店。壁紙のECサイト「壁紙屋本舗」を運営するフィルは、DIY体験ができるワークショップを開催する。
 イベント内の店舗では、楽天ペイ、Amazon Pay(アマゾンペイ)、LINEペイなどのキャッシュレス決済を利用できる。キャッシュレス決済を利用すると商品を10%割引で購入できるようにする。最新のショッピング体験を提供する予定だ。
 ステージでは、「バックヤードアワード」の表彰式やセミナーを開催する。ツナグの佐藤尚之代表と、人気漫画の担当者として著名なコルクの佐渡島庸平代表のトークセッションを実施。「クロスモール」導入店舗によるセミナーや運用事例を共有するイベントも開催する。
 「消費者にとってECのバックヤードは見えない部分。ちゃんとやって当たり前と思われるつらい部分でもある。そんなバックヤードにスポットライトを当て、消費者にも身近に感じてもらいたい」(山本浩孝取締役CROSS事業部長)と話す。

セミナーや店舗が充実(前回の様子)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ