日本アムウェイ 〈メイクの新ブランド投入〉/インスタで情報発信「パッショニスタ」発足も

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

メイクの新ブランド「アーティストリー・スタジオ」を立ち上げ、第1弾はニューヨーク・エディション

 日本アムウェイ(本社東京都、ピーター・ストライダム社長)は、化粧品ブランド「ARTISTRY(アーティストリー)」から、世界中の刺激的で魅力的な都市からインスパイアされた、メイクの新ブランド「ARTISTRY STUDIO(アーティストリー・スタジオ)」をこのほど立ち上げた。
 第1弾に選んだ都市は米国・ニューヨークで、「ARTISTRY STUDIO NYC EDITION(アーティストリー・スタジオ・ニューヨーク・エディション)」を世界に先駆けて日本で7月23日に発売した。若い女性が買い求めやすいように、比較的安い価格設定にしている。
 ニューヨーク在住の新鋭アーティスト、レディ・ジェイディがデザインしたパッケージ。パッケージには強い意志を感じる魅力的な女性を描いているという。
 7月23日に数量限定で発売したのが、クレヨンとパウダーでアレンジ自在の2イン1リップの「リップ&チーク」(標準小売価格・税込3270円)、クレヨンとアイカラーパウダーでアレンジ自在の2イン1アイの「アイライナー&アイシャドウ」(同3750円)の2品目。
 8月20日からは、通年販売する「マスカラ」(同3650円)、数量限定の「ハイライター」(同5480円)、「ティントリップ」(同2430円)、「アイシャドウ&チーク&フェイスパウダー」(同5480円)を投入する。
 今後、違う都市をテーマにした製品を投入していく予定で、第2弾は来春の発売を計画している。
 同社は新ブランド「アーティストリー・スタジオ」の立ち上げに合わせて、選ばれたディストリビューターの女性たちとともに、美容やライフスタイルの情報を発信するコミュニティ・プログラム「アーティストリー・スタジオ・パッショニスタ」を発足させた。パッショニスタは、インスタグラムを通じて、ライフスタイルを発信している。
 このパッショニスタは現在、アンバサダーを含めて20人。自薦・他薦で応募したディストリビューターの中から選考したのだという。7月に神戸で開催された、中島薫ダブル・クラウン・アンバサダーDD主催のイベントにはパッショニスタ14名が参加している。活動の模様は特設サイトなどに掲載している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ