アリックス・ジャパン/アリックス・トラベルを開始/沖縄コンベンションで明らかに

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

イベントで発表する宮城邦夫GM

 アリックス・ジャパン(本社東京都、宮城邦夫GM)は2月26日、会員限定で世界中のホテルやレンタカー、飛行機の予約などを割安で利用できる福利厚生のウェブサイト「ariix travel(アリックス・トラベル)」を開始した。2月24・25日に沖縄県で開催した「ネクストレベルワールドツアー IN沖縄」で明らかにした。
 米国アリックスが、カリフォルニア州に本社を置くウェブ専門の旅行会社と業務提携。アリックス仕様(OEM)で開発し、グローバルで同時にサービスを開始した。まずは、ホテル予約からスタートし、レンタカーや飛行機などの予約サービスについても随時増やす予定だ。
 アリックスの商品購入に応じて、1円を使うと1円が「リワードドル」として還元される。このリワードドルは、「リワードバンク」に貯められて、会員は、年会費1万4500円を支払えば、リワードドルを同サービスで利用できる。
 アクティブ会員以外の過去に登録していた会員や休眠会員の掘り起こしに生かせるものと期待している。過去の全ての購買実績が「リワードドル」として還元されるという。
 コンベンションではそのほか、コンプライアンス強化の一環として、2月26日から、会員からの相談を受け付けるフリーダイヤルの「アリックス消費者ホットライン」を新設したことを発表した。番号を記載した専用のチラシを作成。加盟する業界団体で、一般社団法人全国直販流通協会(事務局東京都)の消費者相談室の番号も掲載した。
 好調な業績についても報告。17年度の新規会員登録数の伸長率が前期比60%増だったことを明らかにした。また、16年度は全国12都道府県で全体の8割の新規会員を獲得していたが、17年度は18都道府県に増えたという。
 「ネクストレベルワールドツアー」は、日本を皮切りに欧州や中国、東南アジアなどでアリックスが行うワールドツアー。リワードプログラムを通じて、グローバルで組織拡大につなげる。

米国本社の経営陣と宮城GM=写真左

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ